財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き


周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > TOPICS & NEWS > セミナーのご案内

セミナーのご案内

 

素形材技術セミナー「鋳鉄鋳造欠陥現象における真の原因追求とその対策」
開催のご案内(2007年6月8日)


主催: 財団法人 素形材センター


 わが国の素形材産業は様々な技術革新が行われており、基盤産業として著しい発展を遂げて参りました。しかしながら、わが国経済は従来とは異なる抜本的な変革を求められており、素形材産業もさらに競争力強化を図ることが重要と考えられます。
このような状況のもと、鋳造業の一層の技術力向上のため、下記プログラムによるセミナーを企画いたしました。
今回のセミナーでは、生きている現場の諸問題に迅速かつ的確に対応するべく、「正しい理論、正しい観察(5ゲン主義)、正しい解析」に裏付けされた、現場から絶えず発信される情報やデータに対する観察力・洞察力など、現場をリードできる技術者として必要な総合的な技術力の向上をめざします。なお、本セミナーは、本年2月東京で開催し大変ご好評を得ましたので、ほぼ同じ内容で、今回大阪にて開催することにしたものです。つきましては、多忙中とは存じますが多数ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。

「本セミナーの詳細な内容」は、こちらから

【お問合せ先】
(財)素形材センター 業務部  山内
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館201-3
電話 03-3434-3907  FAX 03-3434-3698
(E-mail  kensyu@sokeizai.or.jp)

このページのTOPへ


鋳鉄鋳造欠陥現象における真の原因追求とその対策


わが国の素形材産業は様々な技術革新が行われており、基盤産業として著しい発展を遂げて参りました。しかしながら、わが国経済は従来とは異なる抜本的な変革を求められており、素形材産業もさらに競争力強化を図ることが重要と考えられます。
このような状況のもと、鋳造業の一層の技術力向上のため、下記プログラムによるセミナーを企画いたしました。
今回のセミナーでは、生きている現場の諸問題に迅速かつ的確に対応するべく、「正しい理論、正しい観察(5ゲン主義)、正しい解析」に裏付けされた、現場から絶えず発信される情報やデータに対する観察力・洞察力など、現場をリードできる技術者として必要な総合的な技術力の向上をめざします。なお、本セミナーは、本年2月東京で開催し大変ご好評を得ましたので、ほぼ同じ内容で、今回大阪にて開催することにしたものです。つきましては、多忙中とは存じますが多数ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。 

●と き: 2007年6月8日(金)10:00〜16:45
●ところ: エル・おおさか 6階 606号室
 大阪市中央区北浜東3−14 (案内図参照)
●交通: ●京阪・地下鉄谷町線「天満橋駅」より西へ300m
●京阪・地下鉄堺筋線「北浜駅」より東へ500m
●地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」より東へ1,200m
●JR東西線「大阪天満宮駅」より南へ850m

このページのTOPへ

プログラム


鋳造欠陥現象の概論
10:00 〜 10:50
岩手大学工学部 教授
工博 堀江  皓
[内容]
鋳造欠陥の種類、発生要因、発生機構、解析方法等について、一般的に概説する。

鋳造欠陥の現場的要因とその対策
TCT鋳造技術事務所 代表
竹本 義明

鋳造欠陥の不具合現象観察による真の原因追求(観察力・解析力)
12:40 〜 13:30
?ツチヨシ産業 執行役員技術部長
工博 黒川  豊

鋳造欠陥の不具合現象観察による真の原因追求(観察力・洞察力)
13:30 〜 14:20
日立金属?自動車機器カンパニー 専門員
豊島  繁

不具合現象の観察、原因追求とその対策事例
14:20 〜 15:10
?アイメタルテクノロジー 技術本部 技術センター 研究開発部関東グループ
山田  聡

鋳造欠陥を事前に防ぐ、各工程の管理項目および管理特性
15:25 〜 16:15
小林技術士事務所 所長
小林 良紀

総合質疑
16:15〜 16:45
司会 小林技術士事務所 所長 小林 良紀
出席講師 全 員(予定)

参加要項


●定員

100名(申込順に受け付け,定員になり次第締め切ります)

●参加費

素形材センター賛助会員

\12,600

(テキスト代、昼食代を含む)

関連団体(会員外割引)

\18,900

(テキスト代、昼食代を含む)

会員外

\25,200

(テキスト代、昼食代を含む)

【関連団体リスト】

●申込方法 

このページからお申し込み下さい。
または、DMの本フォーラムパンフレットの申込用紙に所要事項記入の上,郵送もしくはFAXでお申込み下さい。次の申込み画面をプリントアウトしてFAXして下さっても結構です。
〒105-0011
 東京都港区芝公園3丁目5番8号
  機械振興会館2階201-3
財団法人 素形材センター 業務部 山内
電話03(3434)3907 FAX03(3434)3698

●取引銀行 

(参加証とともに請求書を送付します。)
(領収書を必要とする場合は、申込書にその旨をご記入下さい。)
(振込手数料はご負担願います。)

●申込締切 

2007年6月7日(木)

●連絡先

業務部山内

このページのTOPへ

 



トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2012 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.