財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き
周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > セミナー・研修講座 > 素形材技術セミナー



素形材技術セミナー


素形材技術セミナー「製造現場におけるIT・IoT技術導入による生産性向上」


主催 : 一般財団法人 素形材センター


わが国の素形材産業は様々な技術革新が行われており、基盤産業として著しい発展を遂げて参りました。しかしながら、わが国経済は従来とは異なる抜本的な変革を求められており、素形材産業もさらに競争力強化を図ることが重要と考えられます。このような状況のもと、素形材産業の一層の技術力向上のため、下記プログラムによるセミナーを企画いたしました。
つきましては、ご多忙中とは存じますが多数ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。



●と き: 2020年2月6日(木)10:00〜17:00

●ところ: 械振興会館 6階 6-66号室 東京都港区芝公園3-5-8


●交通:
   地下鉄
      東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 (徒歩8分)
      都営地下鉄 三田線 御成門駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 大江戸線 赤羽橋駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 浅草線 大門駅 (徒歩15分)
   JR
      浜松町駅 (徒歩17分)
   都営バス
      浜松町〜東京タワー路線 東京タワー前


案内図


申し込み


【お問合せ先】
一般財団法人 素形材センター企画部
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館3階301号室
電話 03-3434-3907  FAX 03-3434-3698
(E-mail  kensyu@sokeizai.or.jp)



1.挨拶

10:00〜10:10

大同大学工学部機械工学科 教授 前田 安郭

 

2.ものづくりにおけるIoT活用

10:10〜11:10

甲南大学 教授 学長 長坂 悦敬

Society5.0 、AI、インダストリー4.0、IoT、ビッグデータが「ものづくり」を大きく変化させている。IoTの活用は鋳造産業界においても生産性向上、品質向上、リスクマネジメント等のために必須事項になりつつある。これらについて概説する。


3.構造材料分野におけるマテリアルズインフォマティクスの現状

11:10〜12:10

名古屋大学大学院工学研究科 材料デザイン工学専攻 計算材料設計講座
構造形態制御工学研究室 教授 足立 吉隆

材料研究には、解明型研究と統合型研究がある。種々の分析機器や理論を使って解明した内容を如何に効率よく統合し特性を向上するための指針を得るかが正に重要であり、かつこれまでの材料工学では不十分であった研究領域といえる。本講義では、プロセスと特性をつなげる材料組織の中でも形態に関する徹底的な評価方法について解説するとともに、その情報使った順解析、逆解析により材料開発の向かうべき方向を効率よく提示する方法について述べる。


4.ダイカスト生産プロセスにおける計測技術と品質管理への活用

13:00〜13:50

リョービ(株)ダイカスト生産本部 静岡工場 工場長 井澤 龍介

金型内部で進行する現象を把握するために、計測モニターシステムは重要な役割を担う。品質管理への活用事例を紹介するとともに、システムの活用レベルや今後変えるべき事例について解説する。


5.CAE、最適化技術を用いたダイカスト方案検討

13:50〜14:40

ヤマハ発動機(株) 生産技術部 鋳造技術グループ グループリーダー 小倉 純一

ダイカスト方案設計において、3DCAD、CAEを用いた検討は必須になっているが、さらに遺伝的アルゴリズム(GA)を組み合わせたランナー、ゲート形状最適化事例について解説する。

6.手づくりのAIとIoTによる各種解析及び応用事例

14:55〜15:45

(株)木村鋳造所 専務取締役 菅野 利猛

木村鋳造所のIoT戦略の1つ溶湯行程のIoT化について紹介する。人工知能AI(ニューラルネットワークPredict)を用いて、取鍋の残留Mgを予測した実例、因子の考え方、取鍋残留Mgが予測できた後の展開について解説する。


7.調整中

15:45〜16:35

調整中


8.総合質疑

16:35〜17:00

司会 大同大学 工学部機械工学科 教授 前田 安郭
出席講師全員(予定)


※プログラムは都合により変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。


参加要項


●定員

100名(申込順に受け付け、定員になり次第締め切ります)

●参加費
(昼食代含む)

23,100円

素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員は、50%割引。
(協賛会員の方へ:協賛会員の特典にセミナー・研修の割引はありません。ご理解をお願いいたします。)
※開催前日まで受講取消のご連絡がなく,当日欠席されても参加費はお返しいたしません。その場合テキストはお送りいたします。

●申込方法

申し込み画面よりお申込み下さい。

〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目5番8号 機械振興会館3階301
一般財団法人 素形材センター 企画部
電話03(3434)3907 FAX03(3434)3698 E-mail kensyu@sokeizai.or.jp

●受講料のお支払い

参加申込後,別途,ご請求させていただきます。
(領収書を必要とする場合は、申込書にその旨をご記入下さい。)
(振込手数料は、ご負担願います。)

●申込締切

2020年1月29日(水)

●連絡先

企画部


申し込み

申し込み


このページのTOPへ


トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2013 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.