財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き
周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > セミナー・研修講座 > 素形材技術セミナー



素形材技術セミナー


素形材技術セミナー「高品質ダイカストの生産技術とその特徴」


主催:一般財団法人 素形材センター

わが国の素形材産業は様々な技術革新が行われており、基盤産業として著しい発展を遂げて参りました。しかしながら、わが国経済は従来とは異なる抜本的な変革を求められており、素形材産業もさらに競争力強化を図ることが重要と考えられます。 このような状況のもと、鋳造業の一層の技術力向上のため、下記プログラムによるセミナーを企画いたしました。つきましては、ご多忙中とは存じますが多数ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。



●と き 平成27年10月6日(火)9:40〜16:30

●ところ 機械振興会館地下3階 研修2号室 東京都港区芝公園3-5-8(案内図参照)


●交通:
   地下鉄
      東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 (徒歩8分)
      都営地下鉄 三田線 御成門駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 大江戸線 赤羽橋駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 浅草線 大門駅 (徒歩15分)
   JR
      浜松町駅 (徒歩17分)
   都営バス
      浜松町〜東京タワー路線 東京タワー前


案内図


申し込み


【お問合せ先】
一般財団法人 素形材センター企画部 担当:浅賀
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館3階301号室
電話 03-3434-3907  FAX 03-3434-3698
(E-mail  kensyu@sokeizai.or.jp)



1.高品質ダイカスト技術の紹介

9:40〜10:10

(一社)日本ダイカスト協会 技術部 課長 渡邉一彦

通常の高速ダイカストは、高速で短時間に充填され、大量生産に適した鋳造法である。しかし、ブロホールや引け巣のガス欠陥や機械的性質や耐圧性等様々な鋳造不良がある。これらの対策として、今日まで高品質化のための各種ダイカスト法と要素技術が開発され、その概要を紹介する。

 

2.高品質ダイカストのための要素技術の構築

10:10〜11:00

(株)アーレスティ 技術部 シニアアドバイザー 武田 秀

ダイカストの高品質化を単に工法や材料という観点でなく、局部加圧、薄肉中子ピン高圧水冷却(JECCS)、粉体潤滑・ナノフラーレンなどの要素技術という点から、高品質ダイカストを作るための考え方を再構築する。


3.低速充填ダイカストの特徴と紹介

11:00〜11:50

リョービ(株) ダイカスト本部 研究開発部 参事 水草康行

一般的な高速高圧ダイカストと低速充填ダイカストとの比較を考察する。次に代表的工法とその特徴を紹介し、リョービにて生産している低速充填ダイカスト工法の製品とその特徴について説明する。


4.PFダイカスト法の特徴と概要

12:50〜13:40

日軽松尾(株) 技術部 片岡郁男

鋳造内部欠陥を減らす特殊ダイカスト法のひとつとして、金型キャビテイ内の空気を酸素に置換し、酸素と射出されたアルミ溶湯を反応させるPFダイカスト法がある。その製法の概要と内部ガス含有量の少ない特徴を生かした、熱処理による機械的性質の改善概要を報告する。


5.高真空ダイカスト技術の要素技術と適用事例

13:40〜14:30

リョービ(株) ダイカスト本部 研究開発部 係長  村上 衛

ダイカストでは溶湯を金型内に高速で充填する工法の特性上、ガスの巻き込み欠陥が発生しやすい。ここでは、ガス欠陥対策として有効な高真空ダイカストと、その効果を生かす要素技術、及び適用事例について紹介する。


6.ECO方式ダイカスト成形工法の概要と効果

14:50〜15:40

富士テック(株) 取締役会長 河野 要

ECO方式ダイカスト成形工法の概要と効果について、成形実施例などから紹介する。当初、マグネシウム成形用に開発したが、亜鉛成形に対しても同様の効果が得られている。さらに、アルミ二ウム合金ダイカスト成形に適用した試作例について紹介する。


7.半凝固鋳造法における改善点とその対策

15:40〜16:30

東芝機械(株) ダイカスト事業部 ダイカスト技術部 ダイカスト開発・営業技術担当  林 勇人

最近のダイカスト業界は自動車業界以外への躍進も求められているが求められる機械的性質により抑制されてしまう場合がある。そのため半凝固鋳造法などによる内部品質と共に金属組織の改善を行う鋳造法も試みられているが、改善点が多い。そこで半凝固鋳造法における改善点に対する研究・評価結果を紹介する。


参加要項


●定員

100名(申込順に受け付け,定員になり次第締め切ります)

●参加費
(昼食代含む)

22,680円(税込)

素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員及び日本ダイカスト協会会員は、50%割引。
(協賛会員の方へ:協賛会員の特典にセミナー・研修の割引はありません。ご理解をお願いいたします。) ※開催前日(土日祝日除く)まで受講取消のご連絡がなく,当日欠席されても参加費はお返しいたしません。その場合テキストはお送りいたします。

●申込方法 

申し込み画面よりお申込み下さい。

〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目5番8号
機械振興会館3階301号室
一般財団法人 素形材センター 企画部
電話03(3434)3907/FAX03(3434)3698

●取引銀行 

参加申込後,別途,ご請求させていただきます。
(領収書を必要とする場合は、申込書にその旨をご記入下さい。)
(振込手数料は、ご負担願います。)

●申込締切

平成27年9月29日(火)

●連絡先

企画部担当:浅賀


申し込み

 

このページのTOPへ


トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2013 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.