財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き
周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > セミナー・研修講座 > 素形材技術セミナー



素形材技術セミナー


素形材技術セミナー「既存設備の保全技術強化による省エネルギー化」


鍛造業をはじめとする素形材産業は、近年におけるエネルギーコスト(電気、ガス、油)の上昇をはじめ、資材及び副資材価格の変動、為替変動等々、各社では変えようのない外部環境に加え、ユーザー産業の海外展開や部品の現地調達化の加速は、各企業の経営自体を大きく左右する事態であり、各企業は、時代の変化に即した経営戦略の構築、新たな技術開発へ挑戦し、競争力の強化に向けた地道な取り組みを続けなくてはなりません。
特に、エネルギー多消費型産業である素形材業界にとりまして、現下のエネルギーコストの値上げは、誠に憂慮すべき状況であり、この度、省エネルギー化を図る上で最も効果が高いといわれている空気圧設備の保全技術のノウハウを学ぶセミナーを企画致しました。
つきましては、下記の通りご案内申し上げますので、時節柄ご多忙中とは存じますが、多数の皆様のご参加をお待ちしております。



●と き 平成27年2月26日(木) 9:30〜16:40
●ところ:
ウインクあいち 会議室1103号
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(案内図参照)


●交通:交通: (JR・地下鉄・名鉄・近鉄) 名古屋駅より徒歩2分


案内図



申し込み


【お問合せ先】
一般財団法人 素形材センター企画部 担当:浅賀
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館3階301号室
電話 03-3434-3907  FAX 03-3434-3698
(E-mail  kensyu@sokeizai.or.jp)



講師:(独)高齢・障害・求職者雇用支援機構 高度ポリテクセンター

素材・生産システム系 能開教授 竹野 俊夫 氏

企業の工場設備の保守メンテナンス方法や機械保全方法を現場で指導。改善提案、設備の延命につながる職業訓練を展開。国際協力事業団でアフリカ、インドネシアで小型船舶エンジン、自動車整備を指導。また、現地飲料水工場、砂糖工場、ビール工場等で生産設備の保守・保全方法を現地スタッフに指導。防衛省陸上自衛隊では、日本国内が有事の際、装備品や車両などの整備を行う他、国内の製造企業に対し技術支援や現地改善指導を実施している。現在は、(独)高齢・障害・求職者支援機構 高度ポリテクセンターに能開教授として勤務。

1. 生産現場の既存設備について

9:30〜10:50

(1)メンテナンスの考え方 (2)日常点検と定期修理の考え方 (3)設備点検と点検方法 (4)設備がトラブルを起こしていた時の考え方 (5)メンテナンス方法の具体事例 (6)既存設備の計画保全の立案

 

2. 空気圧装置のメンテナンス技術

11:00〜12:00

(1)コンプレッサーの点検方法のポイントと定期メンテナンス (2)空気圧配管とエアタンクの点検方法のポイントと定期メンテナンス (3)エアシリンダの点検方法のポイントと定期メンテナンス (4)空気圧回路による点検方法のポイント (5)エア3点セットの点検方法のポイントと定期メンテナンス (6)空気圧設備を効率よくメンナンスする勘所 (7)増圧弁の設置方法


3. 既存空気圧装置のエア漏れ防止による省エネ

13:00〜14:00

(1)エアコンプレッサーのエア漏れ確認のポイント (2)空気圧配管からのエア漏れ確認のポイント (3)空気圧機器からのエア漏れ確認のポイント (4)エアタンクからのエア漏れ確認のポイント (5)トラブル事例


4. 空気圧装置とその他の動力源を融合させた効率化による省エネ

14:10〜15:30

(1)エアシリンダを利用した電動機の小型化 (2)エアシリンダを利用した圧延ローラーの効率化 (3)増圧弁を利用したエアシリンダの効率化


5. 圧縮空気漏れによる生産設備の故障事例

15:30〜16:40

(1)空気圧配管からのエア漏れによりコンプレッサーが壊れた! (2)エア漏れによりエアシリンダの同調ができない! (3)エアフィルターの詰まりによりエアシリンダの効率が低下した! (4)増圧弁が早期に壊れた! (5)エアコンプレッサーを増設しても圧縮空気が不足してしまう!



参加要項


●定員

100名(申込順に受け付け,定員になり次第締め切ります)

●参加費
(昼食代含む)

22,680円(税込)
素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員及び日本鍛造協会会員は、50%割引。 (協賛会員の方へ:協賛会員の特典にセミナー・研修の割引はありません。ご理解をお願いいたします。)
※開催前日まで受講取消のご連絡がなく,当日欠席されても参加費はお返しいたしません。その場合テキストはお送りいたします。

●申込方法 

申し込み画面よりお申込み下さい。

〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目5番8号
機械振興会館3階301号室
一般財団法人 素形材センター 企画部
電話03(3434)3907/FAX03(3434)3698

●取引銀行 

参加申込後,別途,ご請求させていただきます。
(領収書を必要とする場合は、申込書にその旨をご記入下さい。)
(振込手数料は、ご負担願います。)

●申込締切

平成27年2月19日(木)

●連絡先

企画部担当:浅賀


申し込み

 

このページのTOPへ


トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2013 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.