財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き
周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > セミナー・研修講座 > 素形材技術セミナー



素形材技術セミナー


素形材技術セミナー「現場改善事例に見るダイカスト欠陥対策技術」


これまで本セミナーでは、ダイカストの欠陥の発生要因と対策を主なテーマとして開催してまいりました。今回は、少し視点を変えて、日頃の生産現場で展開されている改善活動に見られるダイカスの欠陥対策事例を講演していただくセミナーを企画いたしました。より現場に近い身近な技術を探る良い機会になるかと存じます。つきましては、多忙中とは存じますが多数ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。



●と き 平成26年2月14日(金)10:15〜16:30
●ところ 機械振興会館地下3階 研修1号室 東京都港区芝公園3-5-8(案内図参照)


●交通:
   地下鉄
      東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 (徒歩8分)
      都営地下鉄 三田線 御成門駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 大江戸線 赤羽橋駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 浅草線 大門駅 (徒歩15分)
   JR
      浜松町駅 (徒歩17分)
   都営バス
      浜松町〜東京タワー路線 東京タワー前


案内図


申し込み


【お問合せ先】
一般財団法人 素形材センター企画部 担当:浅賀
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館3階301号室
電話 03-3434-3907  FAX 03-3434-3698
(E-mail  kensyu@sokeizai.or.jp)



1.ダイカストの欠陥の種類と発生要因:総論

10:15〜11:15

(一社)日本ダイカスト協会 技術部長 工博  西 直美

ダイカストは高速で短時間に溶湯を金型キャビティに充填し、急冷・凝固するために、ダイカスト特有の様々な欠陥を発生する。これらの欠陥が製品機能を満たさない場合は不良品として扱われる。ダイカストの製造現場では常にこれらの不良品への対応が迫られている。ここでは、不良の原因となるダイカストの欠陥の種類と発生要因について紹介する。
 

2.アルミニウム合金ダイカストの欠け込み不良対策

11:15〜11:45

(株)秋葉ダイカスト工業所 事業管理グループ 技術開発 主任 古屋毅文

欠け込みは、湯口除去時にダイカストの一部を欠損する現象であり、規格値をこえると不良となる。欠け込みの発生要因の一つに破断チル層があげられる。今回は、破断チル層対策を実施することで、欠け込み不良を改善した事例について報告する。

3.CYL/BLOCK 鋳造不良ゼロに向けた活動

12:45〜13:15

日産自動車(株) パワートレイン生産技術本部 成形技術部 鋳造技術グループ 主査 甲斐信貴

近年、海外生産シフトなどコスト競争にCYL/BLOCKもさらされている。コストミニマム化を達成させるため、鋳造不良ゼロ活動に製造・技術が一体となり取り組んでいる。その活動内容及び成果について紹介する。


4.ブッシュ構造を用いた内部冷却の冷却効率の改善

13:15〜13:45

リョービ(株) ダイカスト本部研究開発部 生産技術開発担当課長兼静岡工場鋳造技術課長 井澤龍介

金型の内部冷却は、クラックによって水漏れを生じると、大きな品質問題につながる。この対策として、ステンレス製のブッシュを冷却穴に挿入する方法があるが、クリアランス、充填剤などの状態によって冷却効率が大きく変化してしまう。ここでは、諸条件による影響を評価し、冷却効率を安定させるための改善事例について報告する。


5.鋳巣欠陥の発生原因と対策事例

13:45〜14:15

筑波ダイカスト工業(株) 鋳造部 鋳造技術課 課長 佐藤邦洋

ダイカストにおける鋳巣欠陥は加工後に圧漏不良などとして顕在化することが多いが、鋳造工程で対策しておくことが課題となる。そこで鋳巣不良の発生原因と対策を検討する。

6.金型ナノハイブリッドカーボン被膜によるアルミダイカストの生産性および品質の向上

14:15〜14:45

トヨタ自動車(株) 鋳造生技部 開発室 GM 古川雄一

アルミダイカスト鋳物加工後に発生する欠け、ハクリ不良を対策するにあたり鋳造界面の「あるべき姿」を検討し新たなコンセプトを立案・具現化.不良対策のみならず生産性の大幅改善を達成した事例を紹介する。

7.ダイカスト鋳造品の歪みに及ぼす鋳ばり取り作業(ゲート切断、冷却等)の影響

15:00〜15:30

寿金属工業(株) 開発技術室 室長 谷川昌司

ダイカスト技術者が鋳造品の歪み対策をする際には、鋳造工程の要因(金型温度、鋳造圧力、射出条件等)に注目しがちですが、それ以上に、鋳造後の製品以外の部位を除去する「鋳ばり取り作業」でも、鋳造品を歪ませることがあります。今回は、この「鋳ばり取り作業」が鋳造品の歪みに及ぼす事例を報告します。

8.ラダーフレームの鋳巣不良低減

15:30〜16:00

(株) アーレスティ栃木 製造部 鋳造技術課 関根淳史

湯口付近に発生している鋳巣の形態を調査した結果,介在物とガス巣であることが分かった。当該製品は2台の鋳造機で生産している.それぞれの鋳造条件を比較した結果,プランジャースリーブ潤滑剤の塗布方法が滴下式と塗布式、潤滑塗布量も異なっていることが分かった.プランジャースリーブ潤滑剤の塗布方法と塗布量に着目して,現状よりも少ない塗布量で鋳造性を保ったまま鋳巣不良削減を実現した。

9.総合討論

16:00〜16:30

司会  (一社)日本ダイカスト協会 技術部長 工博 西 直美
出席講師全員 (予定)



参加要項


●定員

100名(申込順に受け付け,定員になり次第締め切ります)

●参加費
(昼食代含む)

22,000円
素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員及び日本ダイカスト協会会員は、50%割引。
(協賛会員の方へ:協賛会員の特典にセミナー・研修の割引はありません。ご理解をお願いいたします。)
※開催前日まで受講取消のご連絡がなく,当日欠席されても参加費はお返しいたしません。その場合テキストはお送りいたします。

●申込方法 

申し込み画面よりお申込み下さい。

〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目5番8号
機械振興会館3階301号室
一般財団法人 素形材センター 企画部
電話03(3434)3907/FAX03(3434)3698

●取引銀行 

参加申込後,別途,ご請求させていただきます。
(領収書を必要とする場合は、申込書にその旨をご記入下さい。)
(振込手数料は、ご負担願います。)

●申込締切

平成26年2月7日(金)

●連絡先

企画部担当:浅賀


申し込み

 

このページのTOPへ


トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2013 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.