財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き
周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > セミナー・研修講座 > 素形材技術セミナー



素形材技術セミナー


素形材技術セミナー「鋳物砂の現状とこれから」
〜鋳物砂の現状とこれからの鋳型の方向性を考える〜のご案内


わが国の素形材産業は様々な技術革新が行われており、基盤産業として著しい発展を遂げて参りました。しかしながら、わが国経済は従来とは異なる抜本的な変革を求められており、素形材産業もさらに競争力強化を図ることが重要と考えられます。
このような状況のもと、鋳造業の一層の技術力向上のため、下記プログラムによるセミナーを企画いたしました。つきましては、ご多忙中とは存じますが多数ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。



●と き 平成25年8月23日(金)  10:00〜17:00
●ところ 機械振興会館地下3階 研修2号室 東京都港区芝公園3-5-8(案内図参照)


●交通:
   地下鉄
      東京メトロ 日比谷線 神谷町駅 (徒歩8分)
      都営地下鉄 三田線 御成門駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 大江戸線 赤羽橋駅 (徒歩10分)
      都営地下鉄 浅草線 大門駅 (徒歩15分)
   JR
      浜松町駅 (徒歩17分)
   都営バス
      浜松町〜東京タワー路線 東京タワー前


案内図


申し込み


【お問合せ先】
一般財団法人 素形材センター企画部 担当:浅賀
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館3階301号室
電話 03-3434-3907  FAX 03-3434-3698
(E-mail  kensyu@sokeizai.or.jp)



1.鋳物づくりのQ&A

10:00〜10:40

(一社)日本鋳造協会 技術顧問 鈴木伸二

鋳物造りは、現場監督者、作業実施者、およびスタッフ等の方々が、様々な問題を抱えながら鋳物造りに携わっている現状が有ります。寄せられた、それらの問題(Q)および回答(A)が600点近くになり、内容をまとめたのでQ&Aの実例を含めて報告する。
 

2.人工砂導入のための指針と導入事例

10:40〜11:20

(株)木村鋳造所 取締役本社工場長 市野育男

平成22年より日本鋳造協会の技術部会で人工砂委員会を立ち上げ、FC工場への人工砂導入のための指針をまとめたので導入事例も含めて紹介する。

3.コールドボックス鋳型を始めとする有機鋳型と砂の役割について

11:20〜12:00

ASKケミカルズジャパン テクニカルサービス部 部長 間瀬和行

有機鋳型は、化学反応伴い形成される粘結剤によって砂粒間が結合し、所望の形状を作る。したがって、砂の表面の化学物質の影響を受けてその特性が変わる。この特性の変化について事例をもとに解説する。


4.消失模型鋳造技術の現状とこれから

13:00〜13:40

(公社)日本鋳造工学会 関西支部消失模型鋳造法研究会委員長 工博 池永 明

主に造型技術から見た内外の現状と展望・課題/中国の台頭/ロシア・ベトナムその他のEPC鋼鋳物工場について紹介する。


5.生型造型機の現状とこれから

13:40〜14:20

新東工業(株) 鋳造開発技術グループ 担当部長 橋本邦弘

グローバル化が急速に進展する環境の中での日本の鋳造産業の今後を視野に入れ、鋳造設備メーカーとしての技術へ取組み状況と生型造型設備の動向について概説する。

6.ベントナイトの特性

14:20〜15:00

北海道大学 大学院 工学研究院 環境地質学研究室 専門研究員 工博 鈴木啓三

ベントナイトは、他の粘土には無いユニークな特性を有しているため、生型粘結材として用いられている。どの様な特性を有しているのか、その特性が生型にどの様に生かされているのか、説明する。

7.生型砂管理の現状とこれから

15:15〜15:55

(株)ツチヨシ産業 取締役技術部長 工博 黒川 豊

生型砂特性の変遷、シリカプログラム試験方法の進歩、生型砂構成物の変遷、生型砂の配合の考え方について現状を分析し考察した。これを踏まえて今後を予測する。


8.生型ラインにおける鋳物砂性状の科学的考察

15:55〜16:35

(株)アイメタルテクノロジー 開発部門研究開発部 研究第2グループ 佐藤和則

生型ラインにおける不良と砂性質の因果関係を明瞭に把握することは困難であるが、生型砂の安定化への取り組みによる基礎的試験やこれまでの調査をもとに、生型ラインにおける品質向上の考え方について考察する。


9.総合質疑

16:35〜17:00

司会 (株)アイメタルテクノロジー 開発部門研究開発部 研究第2グループ 佐藤和則
出席講師 全 員(予定)



参加要項


●定員

100名(申込順に受け付け,定員になり次第締め切ります)

●参加費
(昼食代含む)

22,000円
素形材センター特別賛助会員、一般賛助会員は、50%割引。
(協賛会員の方へ:協賛会員の特典にセミナー・研修の割引はありません。ご理解をお願いいたします。)

●申込方法 

申し込み画面よりお申込み下さい。

〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目5番8号
機械振興会館3階301号室
一般財団法人 素形材センター 企画部
電話03(3434)3907/FAX03(3434)3698

●取引銀行 

参加申込後,別途,ご請求させていただきます。
(領収書を必要とする場合は、申込書にその旨をご記入下さい。)
(振込手数料は、ご負担願います。)

●申込締切

平成25年08月16日(金)

●連絡先

企画部担当:浅賀


申し込み

 

このページのTOPへ


トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2013 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.