財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き
周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > セミナー・研修講座 > 素形材技術セミナー



素形材技術セミナー


「鋳物の圧倒的品質保証を目指して−品質を究めるトレーサビリティ−」
開催のご案内 (2010年9月29日)


製造業のグローバル化の進展に伴い、川下産業から川上産業へ遡ることができる品質保証技術の確立が求められています。アルミニウム合金鋳物においても鋳鉄鋳物においても、品質は多様な条件に左右されますが、品質確保、不良率低減に資するために、鋳造条件と部品情報を紐付けできるトレーサビリティ・システムの構築が重要といえます。

そこで、鋳造業の一層の技術力向上のため、下記プログラムによるセミナーを企画いたしました。つきましては、多忙中とは存じますが多数ご参加下さいますよう、ご案内申し上げます。


●と き:平成22年9月29日(水) 10:30〜16:30
●ところ:
愛知県産業労働センター(ウインクあいち)会議室 1102号室
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38(案内図参照)

●交通機関:
(JR・地下鉄・名鉄・近鉄) 名古屋駅より徒歩2分

案内図


申し込み


【お問合せ先】
財団法人 素形材センター業務部 担当:浅賀
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館201-3
電話 03-3434-3907  FAX 03-3434-3698
(E-mail  kensyu@sokeizai.or.jp)

オートレース



プログラム


1.鋳造トレーサビリティ・ソリューションを活用した品質保証のあり方

10:30 〜 11:30

甲南大学 経営学部教授 工博 長坂 悦敬

トレーサビリティ・システム構築の考え方、分析方法、品質保証について紹介する。

 

2.川下産業が期待する鋳造業のトレーサビリティ導入

11:30 〜 12:00

トヨタ自動車(株) 鍛圧・表改生技部主査 工博 水野 慎也

鋳物の品質は、まだ技能にたよって保証している面もあり、圧倒的品質保証するためには川上から川下までトレーサビリティをしっかりやり、PDCAを見えるようにして進める必要がある。


3.トレーサビリティを活用した鋳造品の品質および生産性向上の事例紹介
(1)アルミニウム金型鋳造ラインへのトレーサビリティ

13:00 〜 13:45

(株)ナカキン 技術部次長 植杉 浩

工場をITネットワークで結び様々な製品・品質情報を紐付けするトレーサビリティ・システムを構築し、アルミ鋳造品の品質確保と不良低減を図った。


3.トレーサビリティを活用した鋳造品の品質および生産性向上の事例紹介
(2)個体マーキングによる鋳鉄品質トレーサビリティ・ソリューション

13:45 〜 14:30

(株)浅田可鍛鋳鉄所 技術参与 増本 展祥

鋳鉄生型造型ラインへのトレーサビリティ・システム開発の取組状況を報告する。


3.トレーサビリティを活用した鋳造品の品質および生産性向上の事例紹介
(3)我社のヒューマンジョブトレーサビリティへの取り組み

14:45 〜 15:15

(株)ヤマトインテック 代表取締役社長 村山 正博

鋳造工程における作業者の判断ミスを如何に防止するか、ヒューマンエラーに対する我が社のトレーサビリティへの取り組み事例を紹介する。


4.生産・品質・作業者情報の紐付けを可能にする検査情報入力システムの事例紹介

15:15 〜 15:45

クオリカ(株)西日本事業部営業推進室主査 大野 博光

鋳造検査・加工検査での不良、製造情報をタッチパネルを使用して現場で簡単に不良箇所や不良内容を収集し、不良品が発生した場合など製造情報を容易に照会や集計、トレースが可能になるデータベース蓄積システムを紹介する。


5.総合討論

15:45〜 16:30

出席講師全員 (予定)



参加要項


●定員

100名(申込順に受け付け,定員になり次第締め切ります)

●参加費

素形材センター賛助会員

\12,600

(テキスト代、昼食代含む)

関連団体(会員外割引)

\18,900

(テキスト代、昼食代含む)

会員外

\25,200

(テキスト代、昼食代含む)

開催前日まで受講取消のご連絡がなく,当日欠席されても参加費はお返しいたしません。その場合テキストはお送りいたします。

●申込方法 

下記申込書に所要事項記入の上,郵送もしくは
ネット、FAXでお申込み下さい。

〒105-0011
東京都港区芝公園3丁目5番8号
機械振興会館2階201-3
財団法人 素形材センター
電話03(3434)3907/FAX03(3434)3698

●取引銀行 

(参加証とともに請求書を送付します。)
(領収書を必要とする場合は、申込書にその旨をご記入下さい。)
(振込手数料はご負担願います。)

●申込締切 

平成22年9月22日(水)

●連絡先

業務部担当:浅賀


申し込み

素形材センター関連団体一覧 (20団体、50音順)
RP産業協会/型技術協会/(社)日本ダイカスト協会/日本ダイカストマシン工業会/日本マグネシウム協会/(社)日本鋳造協会/ (社)日本アルミニウム協会/(社)日本金型工業会/日本木型工業会/日本金属熱処理工業会/(社)日本金属プレス工業協会/ (社)日本工業炉協会/日本鋳鍛鋼会/(社)日本バルブ工業会/日本粉末冶金工業会/(社)日本鍛圧機械工業会/日本鋳造機械工業会/ 鋳型ロール会/日本継手協会/(社)日本鍛造協会/

 


オートレース


このページのTOPへ


トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2013 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.