財団法人 素形材センター
サイト内検索
English
トップページ
TOPICS & NEWS
セミナー・研修講座
月刊誌素形材
刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰
次世代材料技術室
What is 素形材?
素形材センターについて
素形材関連機関の動き
周辺地図 mail@sokeizai.or.jp

 

トップページ > 素形材センターについて > 素形材研究室検索



素形材研究室検索

北海道 | 東北 | 北陸 | 首都圏 | 中部 | 近畿 | 中国四国 | 九州沖縄



登録フォーム


北海道

 

北海道大学大学院工学研究科システム情報工学専攻制御情報工学講座生産情報工学分野

 生産情報工学分野は、21世紀における生産システム、および人類の活動を支える社会基盤システムを対象として、 その設計・生産・保守・運用にわたる様々な情報基盤に関する基礎研究、および応用研究を行うことを目的とした研究分野です。
 この目的達成のため、対象となる問題の空間構造や時間的挙動に関して、高品位で 長期安定、かつ計算機と人間が共に理解できるデジタルモデルを構築すると共に、 これらのモデルに基づいて高度なシミュレーションを実現可能な様々なソフトウエアを開発しています。

 

北海道大学大学院工学研究科物質工学専攻 工藤研究室

 金属系材料の機械的性質、物理的性質は材料の組織によって決定されることから、バルク体の成形、表面加工などの材料創製には凝固技術を始めとする多種多様の技術が適用されている。当研究室では、凝固技術を基本として材料創製を行っている。学術的には機能性材料、構造材料の組織形成現象の解明および組織制御による新機能の創出を検討し、工業的には複合鋳込み法、反応鋳造法など組織制御のための新プロセス技術の開発を行っている。



東北

 

岩手県工業技術センター 金属材料部 鋳造グループ

 岩手県工業技術センターは、明治6年(1973)の創設以来岩手の産業振興に寄与してきた。その中で、本研究室では『南部鉄器』産業の振興支援を目的とした鋳鉄鋳物の生産技術(材料、鋳型など)に係る研究を基に、最近では複合鋳造材料・無公害オーステンパ熱処理とADI・非鉄金属鋳物・材料のリサイクルなどの研究を行っている。また、研究成果の普及・技術相談・依頼試験などを通じて岩手の産業振興に努めている。

岩手大学工学部材料物性工学科 堀江研究室

 本研究室では、鋳造・接合・粉末冶金の材料加工プロセスを利用した高機能材料の創製と複合化方法の確立を目指した教育・研究を行っている。

宮城県産業技術総合センター 機能材料開発班

 主に金属、プラスチックの成形加工や粉体(金属、セラミックス)成形および焼結技術に関することを中心に研究開発を行っており、これら研究成果の普及による中小企業等への技術支援。また、結晶構造解析、材料組織、破面解析、強度特性、非破壊検査および物性評価等の依頼業務を行っている。

山形県工業技術センター 機電情報システム部

 企業における製品デザイン、機械設計、試作、映像加工など製品開発の迅速化を支援するため、3次元コンピュータグラフィックス(3DCG)を設置し、プロダクトデザインとビジュアルデザインの2部門に関するデジタルデザインの活用技術について指導を行っている。

秋田県工業技術センター 精密造形研究室

 本研究室では素形材製品の高付加価値化・短納期化を目的に、従来のワックスモデルに代えて光造形モデルをマスタとする新しい精密鋳造技術の開発を行っている。光造形モデルをマスタとして鋳型製作を行う場合、ロストワックス法と同プロセスにて鋳型焼成を行えば、光造形モデルとワックスモデルの物性値の違いから鋳型の破壊現象が頻繁に発生する。数値解析手法を適用することで鋳型破壊のメカニズムの解明に関する研究を行っている。この結果、鋳鉄製羽根車(φ200mm)で5日間、2000cc乗用車用アルミ製マニホールドで12日間で製作可能となっている。

東北大学工学研究科 材料加工プロセス学専攻 液相加工プロセス学分野

 本研究室では、鋳造に関する基礎から応用までの幅広い研究を行っている。インモールド法に関する研究では、製造手法に関する基礎研究から実用化までを手がけ、実生産に利用されている。鋳造CAEに関する研究では、産学協同により開発したCAEシステムを技術移転・製品化されており、多くの鋳造関連企業で利用されている。また、鋳造の基本的な問題である流動性に関する研究を当研究室で開発した垂直吸引試験法にて行っている。また、凝固時の熱変形問題に関する研究を当研究室で開発した液滴落下法にて行っている。

日本大学工学部情報工学科 生産システム工学研究室(白井研究室)

 設計・生産、ロボットに関する研究をコンピュータを利用して取り組んでいます。コンピュータの中に工場を生成し、数々のシミュレーションを行いながら、インターネット時代に対応した工場モデルの構築を目指し、実用的な生産システムの開発を進めます。一方、磁気ディスク表面の表面性状の精密測定やマイクロマシンの作成技術の研究も行っており、ナノテクノロジーを駆使した技術開発にも力を入れています。


北陸


金沢工業大学工学部機械工学科 須藤研究室

 現在、自動車の所有率は増え続け、資源エネルギー問題と地球環境問題への対応から自動車の燃費向上は必要不可欠となっている。そこで軽量化対策として鋼板の高強度化や比重が鋼の半分であるアルミ合金の車体への適用が試られている。本研究室では、金属薄板のプレス成形性および成形技術に関する研究、アルミ合金薄板のプレス成形性に関する研究、高強度複合組織鋼板のプレス成形性改善に関する研究を行っている。さらに鋳鋼の強靭化と組織制御に関する研究も行っている。



金沢大学工学部物質化学工学科 状態解析講座(山田研究室)

 本研究室では、種々の材料から繊維・フイルム・膜などを製造する『成形加工』の分野、高分子材料の製造技術に関する『反応工学』の分野の研究を行っています。いずれの研究においても、製造技術開発の実験装置は大掛かりで極めて高価であるため、主として基礎的な実験や有限要素法・有限差分法などを駆使した理論解析を基にシミュレーションを行っています。

新潟県工業技術総合研究所

 当研究所は、県内産業活性化を目的として研究開発および技術支援を行っている。新潟県の地場産業には素形材関連の企業が多く、プレスや鍛造などの塑性加工技術や溶接技術、金型の製作技術、製品化に必要なプラスチック成形技術 等の研究を通して地域産業に貢献。 最近では、チタンやマグネシウムなど軽量化金属の塑性加工技術、金型製作の常識を越えた超高速加工技術 等々の研究を行っている。

長岡技術科学大学工学部機械系 小島・鎌土研究室

 「性能が良く、軽いもの」を、「より安く」製造するという命題は、材料技術者にとって永遠のテーマである。最近では、「地球に優しい」という性質が付け加えられてきた。本研究室では、「より軽く、高性能な金属材料の開発」を掲げ、1・マグネシウム合金をベースとした軽量・高比弾性・高靱性・高耐食性合金の開発、2・高品質な材料を得るための最適プロセス技術の開発を進め、それらの成果が産業界へ活用されることを夢見ている。

富山県立大学 上谷研究室

 半溶融・半凝固プロセスにより、主にアルミやマグネ合金などの軽金属を対象としてニアネット成形や材質改善の研究開発に取り組んでいる。

富山大学大学院理工学研究部 材料素形制御工学講座 穴田・古井研究室

 材料素形制御工学講座では、鋳造・凝固を専門とする穴田博教授と、強ひずみ加工を担当する古井光明准教授が連携して、素形材に関する研究・教育を行っている。鋳造・凝固をベースとする金属製造法や、ねじり, せん断, 圧縮を利用した金属強化法などの開発(プロセッシング)と共に、新しい材料や合金の設計と既存材料の特性改善(デザイン)を通じて、金属のプロセッシングとデザインの両面から、ものづくりとひとづくりに貢献しています。

福井工業大学工学部機械工学科 河合研究室

 本研究室は大きく分けて2つの分野を研究対象にしている。まず第1は鉄系粉末冶金に関するもので、高強度焼結材料は被削性が悪く、業界で加工に困っている例をよく耳にするので、各種の材料要因と被削性の関係を把握すべく研究を行っている。また、焼結材料の破断面は通常の鋼材のそれとは異なるので、精密組立のデータベースを作るため、その特徴を数値で表す研究を行っている。第2はSiC半導体が非常に難加工材料であり、スライス加工や研磨加工に伴い導入される結晶レベルでの欠陥がデバイスの性能を低下させるので、その加工と欠陥の関係を研究中である。


首都圏

 

茨城大学工学部附属超塑性工学研究センター レーザ応用マイクロ構造創製研究分野

 3次元CAD設計データから立体を製作する積層造形法は、ラピッドプロトタイピングの中核技術であり、金属パーツを直接成形するラピッドマニュファクチャリングへと進化しつつある。本研究室では、粉末材料(金属、セラミックス)をテープ状(グリーンテープ)に成形し、これをレーザで焼結・積層していくグリーンテープレーザ焼結(GTLS)法の開発を行っている。この独自技術は、ニアネットシェイプの追求、3次元内部構造の作りこみ、材料の複合化による機能の作りこみ、多孔質の積極利用の方向で進展している。

宇都宮大学工学部機械システム工学科 材料加工研究室

 材料加工研究室は、淵澤教授・白寄助手研究室(塑性加工)と奈良崎助教授研究室(熱処理)とから成り、お互いに協力しながら研究を進めています。淵澤教授・白寄助手研究室では、塑性加工の中でも、主に管材のバルジ加工(チューブハイドロフォーミング)の研究をしています。奈良崎助教授研究室では、鋼材の焼入変形や焼割れに関する研究をしています。両研究室ともにそれぞれの加工技術の基礎的研究を実験とFEMシミュレーションを用いて行っており、研究成果を国内外に発信しています。

横浜国立大学大学院工学研究院 川井研究室

 転造・スピニングなどの工具と被加工材の相対的な回転運動を利用して被加工材に形状を付与する回転成形(回転塑性加工,rotary forming)の成形性や変形機構に関する教育・研究を行っている。スピニングに関しては,そのフレキシブル化,インテリジェント化を志向した教育・研究も行っている。

横浜国立大学大学院工学研究院 小豆島研究室

 本研究室では、主にナノテクノロジーによる材料加工プロセスの高度化技術の開発を行っている。具体的には環境調和と省エネルギーのためにナノレベルの形態制御を行った高強度材料、高付加価値材料創製ための加工プロセスの開発、ナノレベルで配向制御を行った表面改質硬質被膜、並びにナノトライボロジーの研究を行っている。これらの研究をベースに、高強度材料の超小型化部品への適用や、高潤滑性を有した加工油・工具の開発とその応用研究、並びに加工面の直接観察による潤滑メカニズムの体系化といった基礎研究を行っている。

群馬大学 工学部 機械システム工学科 早乙女研究室

 ナノ・マイクロフォーミングテクノロジー研究、ナノ・マイクロマシン用材料とその評価法、微細成形特性の評価方法、超塑性ナノ・マイクロ成形加工法の開発研究、ナノ・マイクロ金型創製法の開発、マイクロファクトリーセルの開発研究。

慶應義塾大学看護医療学部 先端医療分野

 主として形成外科学領域へのコンピュータ応用の研究に取り組む。3次元コンピュータ・グラフッィクス、3次元光造形法実体モデル、バーチャル・リアリティを応用した手術シミュレーション、水酸化アパタイト、チタン製人工骨のコンピュータを利用した術前加工準備、ネットワーク、インターネットを介した遠隔医療などを行っている。慶應義塾大学医学部形成外科学教室(中島龍夫教授)、慶應義塾大学環境情報学部千代倉弘明教授研究室と共同研究を行っている。

慶應義塾大学理工学部システムデザイン工学科青山(英)研究室(Digital Design & Manufacturing 研究室

 コンピュータ支援に基づく設計システムおよび生産システムに関する研究(デジタルデザインシステムおよびデジタルマニュファクチュアリングシステム)に関する研究を行っている。特に、工業デザイン(スタイルデザイン)の支援に対しては、消費者の嗜好動向の分析に基づきながら、デザイナの感性を阻害することなくむしろ発想を豊かにする情報を提供し、工学的な評価により高品位な意匠形状を設計できるスタイルデザイン支援CADシステムの開発を試みている。

埼玉大学工学部機械工学科 材料工学研究室

 本研究室では、金属材料をはじめとして、セラミックス、機能性材料、生体など広範囲な物質を対象として、新材料の創製、材料特性の評価、知的材料開発、及び材料接合法などについて、教育並びに研究を実施している。

山梨県工業技術センター 研究開発部 第一研究科

 疾病や事故等で下腿部を切断するケースが増加しており、下腿義足の需要が増えている。義肢製作の多くは義肢装具士の豊富な経験と勘を頼りに手工業的な方法で行われている。それ故、迅速で効率の良い義肢の製作・供給を目指すうえで課題が多く残されている。そこで、ラピッドプロトタイピング技術に着目し、陽性モデル製作や加熱真空吸引させるプロセスを不要とした義肢ソケットの直接造形を目標に研究している。

芝浦工業大学工学部機械工学第二学科 物質工学(高崎)研究室

 金属材料の水素吸蔵量や固溶量は、金属および水素原子間の化学親和性や金属結晶格子における格子間サイト、タイプおよびその大きさ等に依存し、微量の水素の存在であっても材料の特性を大きく変化させることがある。当研究室では、水素環境で使用される先進材料の水素脆性メカニズムに関連した水素添加のネガティブな効果の研究と最近注目されている水素吸蔵合金のように材料の高い水素吸蔵特性を積極的に利用しようとする水素添加のポジティブな効果の両効果についての研究を中心に研究を進めている。

小山工業高等専門学校 機械工学科 加工プロセス研究室

 近年、低環境負荷材料であるマグネシウム合金板の冷間加工の可能性について、実験的にデータを収集しその可能性を検討している。同時に、マグネシウム板材製造時における高コストの問題を解決するため、半凝固ストリップキャスティングにより、塑性加工が可能なマグネシウム板材を安く、高速に製造するためのプロセスの確立を目指している。その他、冷間ロール成形と他の加工法との複合、融合により既存の加工の枠にとらわれない新しい加工プロセスの確立を目指した教育・研究を行っている。

湘南工科大学工学部マテリアル工学科 幾田研究室

 研究室の主題として「高分子系複合材料の界面領域工学と成形プロセス工学」を掲げている。

 最近のプラスチック開発で取り上げられる複合系材料では強化組成と母材組成間に界面を生じる場合が多い。複合系材料の高性能化や高機能化を図るためには、界面特性と材料特性の関係を知ることが重要である。その際、成形プロセスは影響を及ぼすので重要な要因として取り上げる必要がある。対象母材として合成高分子以外に天然物由来材料も取り上げ、その高度利用化研究を進めている。

湘南工科大学電気電子メディア工学科 金子研究室

  21世紀は総合技術の時代であり、技術発展対象としてロボット、環境監視・維持などもその1つとしてあげられる。この際、ブレークスルーとしての技術にセンサがあげられる。現在のセンサは単一情報検知がほとんどであるが情報自体は多元複合情報である場合が多い。センサの目標となる生体のセンサは多元次情報を的確に捉えている。多元次情報を検出すフュージョンセンサを目標に研究を進めている。現在はエレクトロセラミックス素子として標準となりうる湿度センサの作製をおこなっている。未来を見つめた工学的センスをもたせるよう研究指導をしている。

職業能力開発総合大学校 生産機械工学科 徳永研究室

 本研究室ではレーザ加工に関する教育・研究・開発を行っている。

神奈川大学工学部機械工学科 青木研究室

 当研究室では、製品の微細化に注目し、数十 μm~1mm程度の加工を必要とする微細塑性加工を中心に研究を行っている。特に、塑性加工が得意とする高い生産性と繰り返し加工精度の高さに注目し、医療分野をはじめ各種微細工業製品の工法開発、技術開発に力を注いでいる。

千葉工業大学工学部金属工学科 本保研究室

 加熱鋳型式連続鋳造法OCCプロセスは、従来から用いられてきた多くの金属及び合金を凝固法を変えることにより凝固粒界を除き新しい特性を持った新素材に変えることができる。本研究室では,このOCCプロセスを用いた次世代材料、例えば形状記憶・超弾性材、高温高強度材料及び磁性材料等の開発を中心に研究を行っている。 また、特殊な超音波測定法による溶融金属内部で起こる凝固現象解析やマグネシウム合金材の塑性加工法の研究も並行して進めている。

千葉工業大学工学部金属工学科 茂木研究室

 健全な金属製品製造のために、素材の凝固組織および鋳造品の組織制御をおもな研究活動としている。

(1)基礎研究:凝固現象のその場観察により、種々の凝固機構を解明した。最近は宇宙の無重力環境での合金の凝固機構を研究している。

(2)応用研究:基礎研究に基づいてとくに固体と液体の共存するセミソリッド鋳造技術を開発し、マグネシウム合金とアルミニウム合金に応用して凝固組織制御を行い、欠陥のない製品製造を目指している。さらに環境にやさしいマグネシウム合金用鋳造組織微細化剤の開発を行なっている。

千葉工業大学工学部精密機械工学科 中村研究室

 材料加工に関する教育・研究を行っている。その中でも特に金属薄板の成形加工に関する研究に力を入れている。研究を大別すると、1)成形限界を向上させるプレス成形法の開発、2)成形品の寸法・形状精度を向上させる成形法の開発、3)地球環境にやさしいプレス成形技術の開発、4)各種材料の成形能の調査等である。

早稲田大学理工学部機械工学科 本村研究室 早稲田大学各務記念材料技術研究所 本村研究室

 1972年本村研究室を開設して、2002年で30年。素形材加工にベースにおいた物造りの新しいシステムの構築やその特性、IT研究の一環としてデータベースやバーチャルファクトー、微細加工、環境・福祉の研究を行っている。主な研究は塑性加工(特に圧延、鍛造、新加工法)、溶湯加工等、複合・融合・同時加工の新しい加工プロセスの確立を目指した教育、研究を行っている。

足利工業大学・工学部・機械工学科 斎藤(栄)研究室

 本研究室では、塑性加工を中心とした金属系先進材料(金属間化合物やMMCなど)の新しい作製プロセスの確立を目指した教育・研究を行っている。即ち、金属を溶融させる工程を含むことなく、従来の塑性加工方法と種々の金属素材を組み合わせて微細で均一な組織を有する異種金属複合体とするプロセシングの開発研究である。必要に応じて熱処理(ex.金属間化合物生成のための拡散熱処理や通常の焼鈍熱処理など)も含まれることになるが、あくまでも塑性加工が中心の金属系先進材料の新しい作製プロセスの 開発研究である。

電気通信大学 知能機械工学科 村田研究室

 塑性加工は、型の形状を金属素材に塑性変形を利用して転写する方法である。そのため、型のコスト等により、少品種多量生産には適しているが、多品種少量生産には不適切である。多品種少量生産に対応できる新しい加工法の考案・開発とコンピュータ援用による知的な塑性加工法の開発をテーマとしている。この新しい加工法については、加工機を試作し実験によってその可能性と特徴を明らかにするとともに、数値解析によってそのメカニズムを明らかにしている。

電気通信大学知能機械工学科 竹内・森重研究室

 技術立国として生きていかなければならない日本で、人に喜ばれ、付加価値を生み出す「モノづくり」は最重要項目である。この命題に対して、コンピュータを駆使して知的に対応しようとする期待の大きな研究分野である。現在、コンピュータを活用した設計・生産の合理化を目指し、多軸制御加工用CAD/CAMの研究開発、超精密マイクロ加工の研究、産業用ロボットを応用した熟練作業の自動化、メカトロニクスの曲がり穴加工への応用に関する研究を手掛けている。

東京大学国際・産学共同研究センター 横井研究室

 プラスチック成形加工分野において新規に開発した多様な可視化技術、温度・圧力分布計測技術に基づき、主に射出成形における2つのブラックボックス-金型と加熱シリンダ-の内部現象および共押出、半導体封止過程の諸現象の解明を系統的に行ってきた。最近では、「“超”を極める射出成形」として、超高速射出成形の成形現象について多面的に実験解析を行い、0.1mm~0.3mmの超薄肉成形、nmオーダの表面形状転写技術など、高機能・付加価値成形の技術開発と基盤研究を行うことを課題として研究を進めている。

東京大学生産技術研究所 柳本研究室

 柳本研究室では、塑性加工の復機能化/高次機能化による新たな塑性加工技術の開発・塑性加工技術の高度化を目指して研究を進めている。研究テーマを大きく、1)物理モデリング、2)変形加工システム、3)半溶融加工に設定し、職員、研究員、大学院学生の総勢約10-20人の規模で、各研究テーマに当たっている。月2回の研究室セミナー、日本塑性加工学会、機械学会、鉄鋼協会等への講演会参加、各学術雑誌への論文投稿を通じ、研究成果を公表している。

東京大学大学院精密機械工学専攻 毛利研究室

 放電加工法は、切刃が全方向性であるなど多用な特性を有している。当研究室では従来の総形工具による金属への形状転写加工に対して、微小電流による表面仕上げ加工から、表面改質加工、絶縁材料の加工など、さらに大電流による微小工具成形やプローブ成形などの研究を行っている。また新たな生産システムの実現を目指して仮想現実と実世界情報との融合化の研究を進めている。

東京電機大学理工学部知能機械工学科 浅岡研究室

 本研究室では主に形状記憶合金を用いた複合材料や生体材料の研究を進めている。最近は特に放電プラズマ焼結法を利用した材料創製に力を注いでいる。

東京都立科学技術大学 機械システム工学科 坂木研究室

 構造物の軽量化に関する新しい加工技術として、各種形材の曲げ加工を試みている。加工素材としては薄肉の角管・円管はじめ開断面及び非対称断面形材等を扱っている。これらの形材の曲げ加工では偏平変形及びしわ変形などの不整変形が発生しやすい。不整変形を抑制し、高い曲げ加工限度をもつ加工機及び加工法の開発を行っている。

東京都立産業技術研究所 粉末冶金研究室

 粉末冶金技術の適用は、構造材料および機能材料を問わず、ますます広範囲に及んで来ている。当研究室は研究を基盤に依頼試験および指導・相談を業務としている。研究としては、焼結機械部品の特性(機械的、寸法精度、加工性)向上、粒子分散系複合材料、焼結材料の摩擦・摩耗および金属粉末の成形・焼結現象の検討等を行ってきた。さらに対象を拡大して、軟磁性材料の開発やべっ甲(タンパク質)の粉末化による再生技術等に展開している。その他として試験・指導は粉末冶金に関するトラブルの解明等を実施している。

東京都立大学工学部機械工学科 生産工学研究室

 「より高度に、より精確な生産システムとデザイン」というコンセプトのもとで、超塑性特性評価、マグネシウム合金の成形、熱可塑性・生分解性樹脂複合材料の成形加工、チューブハイドロフォーミング、コンピュータ支援による生産加工システムなど、新素材から成形加工までをフィールドとして教育・研究を行っている。また近年は、塑性加工における微視的な変形メカニズムについても興味を持ち、マルチスケールでの材料の強度評価、ならびに成形性評価を行っている。

東京農工大学工学部 機械システム工学科 国枝研究室

 主な研究テーマは放電加工である。放電加工の基礎的な現象解明を通して、新しい放電加工方法の提案や金型加工、マイクロ加工への応用などの研究を行っている。また、放電加工だけでなくレーザ加工、電解加工の加工現象の解明および応用を行っており、いわゆる特殊加工を専門とした研究室である。一方、レーザ切断した鋼板を積層してプレス型や射出成形金型を製作するラピッドツーリングの研究も行っている。

東京農工大学工学部機械システム工学科 桑原研究室

 プレス成形金型の製作コストの削減や製品の高精度化の一助となるのが成形シミュレーションです。シミュレーションの目的は、材料の破断や製品の成形不良などを事前に予測することですが、一方でシミュレーションの精度を上げるためには、使用材料の塑性変形挙動をなるべく忠実に再現できる材料モデル(構成方程式)を用いることが必要です。当研究室では、プレス成形用板材料やチューブハイドロフォーミングに用いられる実用円管材を対象として、それら実用材料の、塑性異方性、降伏曲面、バウシンガ効果、多軸応力下での加工硬化特性、成形限界などを高精度に測定できる材料試験機の開発、ならびに実用材料の材料モデリングの研究を行っております。また、各種塑性加工技術のFEMシミュレーションや、自作の実験装置による曲げや絞りなどの実験研究も行っています。

東京農工大学工学部有機材料化学科 斎藤拓研究室

 高分子を結晶化、延伸、発泡、ブレンド、超臨界流体処理させることで、nm次元からμm次元に至る多様な形態(例えば、連結多孔、伸び切り結晶)を得る精密高次構造制御を行っている。種々の構造制御法で得られる高次構造と光学・力学物性との関係や、高次構造発現機構に関する基礎科学を研究している。また、それらの基礎科学的知見に基づいて、ウィルス分離膜や人工肺などの生体材料、光ディスク基盤や偏光分離膜などの光学材料、さらには自動車用材料や高強度材料などの創製を試みている。

日本工業大学機械工学科 柳沢研究室(複合材料)、兼子研究室(機能材料)

 複合材料用繊維基材としての、金属繊維の新しい製造技術の研究開発を行なっている。この方法は金属薄板を切削して繊維とする技術で、多くの特徴、利点を持ち、コイル材切削法として、新しい金属繊維の製造技術として注目されている。この方法で得られた銅、黄銅繊維は自動車のディスクブレーキパッドの混入繊維として、また、ステンレス鋼繊維は自動車のマフラーの消音材、業務用厨房フィルター等に用いられている。さらに、チタン繊維を始め、多くの繊維が製造できることから、多方面の応用研究が活発に行なわれている。

防衛大学校システム工学群機械工学科 機械材料工学

 先端材料科学技術の新しい方法の創出を目指した研究をおこなっている。いままでに、メカニカルアロイングとパルス放電焼結を融合した非平衡粉末冶金法を構築して、世界に先駆けてバルクナノ結晶合金、ナノ金属間化合物、バルクナノ結晶セラミックスやナノ結晶傾斜機能材料を創製している。同時に、合金での超強度、セラミックスので超靱性、低温高速超塑性鍛造などの新機能を発現して、工学的応用に向けた戦略的研究を行っている。


中部

 

岐阜県製品技術研究所  関分室

 岐阜県の公的な試験研究機関のひとつ。なかでも機械金属関連技術に関する研究および技術支援事業により、おもに岐阜県内の機械金属産業の発展への寄与に尽くすことを目的としている。金属材料・接合を主体とした研究グループ、金属材料の成形加工を主体とした研究グループ、刃物製品を代表とした製品の評価などに関する研究グループからなる。

岐阜高専電気情報工学科 稲葉研究室

 医用あるいは工業用のマイクロメカトロニクスに関する研究は一つの部品を作る方向ではめざましく進んでいるが、今後はこれらのものを実際に他のマイクロマシンに組み込んだり、接続したりすることが重要になってくるものと思われる。本研究室ではレーザ応用工学に関する研究を幅広く行ってIいる。素形材関係ではレーザを用いたマイクロ構造物の構築、加工、組み立て手法等に関する基礎的な研究を行っている。

財団法人ファインセラミックスセンター 材料技術研究所 プロセス開発、材料評価・製造技術グループ

 セラミックスを中心とした無機材料のプロセスの研究および試験評価方法の研究

財団法人ファインセラミックスセンター 材料技術研究所 機能材料、材料設計グループ

 光・電子素子用の機能性薄膜およびIT分野用の誘電体・圧電耐セラミックスの材料開発とこれらに関連する評価解析技術の開発を行っている。コンピューター・シミュレーション(分子動力学法、モンテカルロ法等)を用いたセラミックス最適構造・機能の設計技術開発、電気伝導パスを導入した複合材料(自己診断材料)による構造物の損傷診断技術開発を進めている。また、セラミックスの複合化による機能創製技術および特殊環境下における熱機械的特性評価解析技術の研究を行っている。

財団法人ファインセラミックスセンター 材料技術研究所 微構造解析グループ

 電子顕微鏡技術を主な手段として、材料特性を支配する微細構造要因の解明や、新物質創製の研究とともに、電子顕微鏡技術そのものの研究開発も実施している。研究対象材料は、セラミックスを中心として、ナノ技術に深く関わる半導体材料、カーボンナノチューブ、ミクロ&ナノ細孔物質さらには高温超伝導体など多岐に渡っている。

三重大学工学部物理工学科 ナノプロセッシング研究室

 本研究室は平成9年度からスタートしたばかりの若い研究室である。ナノテクノロジーに関連する生産加工技術(ナノプロセッシング)、ナノ材料生成およびトライボロジーの分野を大きな柱とし、これに関連して固体表面ナノ構造のフラクタル解析による解明、微生物を使ったノントラディショナル加工および新素材生成法(バイオマシニング、バイオデポジション、バイオリサイクルなど)の開発、トラクションドライブを活用した新しい自動車用無段変速機の開発、潤滑油の超高圧物性評価法の確立などを目指して、教育研究を行っている。

産業技術総合研究所 基礎素材研究部門 機能付与リサイクル技術研究グループ

 高付加価値材料産業の創出、発展のためには、超軽量化、超微細化、高性能化、高精密化など新しい材料プロセス技術の開発が不可欠である。本研究グループでは、主に金属材料を対象とした組織・構造のマルチスケール、マルチフェーズ制御をキーコンセプトに、超軽量マグネシウム合金、高速超塑性、塑性加工プロセスを利用したインプロセス組織制御、固体リサイクル・アップグレードリサイクル、超軽量・高エネルギー吸収を示すセル構造体、セメントレス人工骨材料、高精密超硬合金、マイクロ・ナノ材料およびマイクロ・ナノ加工などの先端材料・プロセス技術に関する研究を行っている。

産業技術総合研究所 基礎素材研究部門 軽量金属材料凝固プロセス研究 グループ

 環境と調和した循環型経済社会の実現に資するため、金属材料の高性能化を図る構造制御技術の開発を行う。具体的には、凝固中の金属材料に対して交流電場と直流磁場を同時に印加することにより、電磁振動力を加えて、組織を微細化する技術の開発や、金属材料の固液共存状態を利用した成形加工技術の開発等を行っている。さらに、これらのプロセス技術を活用して、金属以外の材料についても、高性能化を図る技術開発も行っている。

静岡大学工学部機械工学科 生産加工講座 塑性加工研究室

  生産加工講座は、機械加工研究室と塑性加工研究室からなっているが、本研究室では、塑性加工をベースとして、各種材料加工に関する研究・教育を行っている。最近の研究では、塑性加工のトライボロジーに関する研究、鍛造用金型及びその硬質表面被膜の損傷に関する研究、金属粉末の燒結鍛造に関する研究、金属の固相接合に関する研究、インクリメンタルフォーミングに関する研究、超微粒子の積層造形法の開発等を手掛けている。

大同工業大学工学部情報機械システム工学科 小野研究室

 我国の製造技術は優れており、中でも塑性加工技術は世界の最先端であることを自負してもよい。しかし、塑性加工に係わる問題が全て解決できているわけではなく、まだ経験と勘によっている面が多いのが現状である。最近、塑性加工技術のIT化が指向されているが、当研究室でも加工のシミュレーションを積極的に取り入れている。加工を正しくシミュレーションするためには、正しい実験データを採取することが重要である。実験と解析を通じて実践的な生産技術者を育てることを目指している。

独立行政法人産業技術総合研究所 基礎素材研究部門相制御プロセス研究グループ

 金属材料を中心として、固相・液相・気相を利用した新しい省エネルギー成形プロセスの開発と、アモルファスや準結晶などの非平衡材料、ナノ結晶、金属間化合物などの機能性材料を創製する技術の開発とその評価技術の開発を行っている。特に、従来の鋳造技術と粉末冶金技術を融合して、環境負荷の少ないプロセスの提案およびポイズンフリーの材料開発を民間企業との共同体制で行っている。

豊橋技術科学大学 生産システム工学系 材料保証学研究室

 広範な材料の評価、余寿命予測、損傷や破壊に対する材料の安全性の保証を統括的に取り扱うことを目的としている。本研究室では、3大材料である金属、セラミックス、プラスチック材料、及びこれらの複合材料を研究の対象とし、(1)破壊力学に立脚した破壊特性評価法の開発、(2)各種材料の評価と材料のミクロ組織的な解析との融合、(3)以上の結果をフィードバックして、材料の強靭化を達成する研究、の理念に基づき、教育・研究を行っている。

豊橋技術科学大学工学部生産システム工学系 医療・福祉工学研究室

 高齢社会では、生体機能の低下あるいは損失を生体材料からなる人工器具補ったり、代替したりする機会が増える。このことからは、高性能な生体材料の研究・開発が急務である。本研究室では、主に人工股関節や人工歯根等の硬組織代替材料としてのチタン合金の研究・開発や歯科用銀パラジウム銅金合金の研究・開発、それらの機械的性質、擬似体液中での疲労やフレッテイング疲労特性、摩擦摩耗特性の評価、ミクロ組織の制御および解析、生体活性表面修飾等、高機能生体材料の構築を目指した教育・研究を行っている。

豊橋技術科学大学工学部生産システム工学系 塑性加工研究室

 板材成形、鍛造、圧延、押出し、引抜き、粉末成形などの塑性加工全般の研究・開発を行っており、ハードウェアとソフトウェアの両面から研究のアプローチをしている。シミュレーション技術、新材料・新プロセス、知能化・最適化を研究の柱としている。また、産学連携研究が非常に多く、産業界からの最新情報を反映させた研究を行っている。

名古屋工業大学 工学部 機械工学科 成形加工研究室

 工具で素材に大変形を与える塑性加工の分野で避けられない摩擦、潤滑、摩耗について実用的な評価方法、解析方法、新しい現象の解明に取り組んでいる。また棒や管材料の塑性異方性も実験的に調査している。合理的に高精度を極めるためにトライボロジーや材料に関する一層高いレベルの理解が必要であり、地味な分野であるが、塑性加工のキーテクノロジーとして欠かせない。

名古屋大学大学院工学研究科材料プロセス工学専攻 石川研究室

 塑性加工用新材料および新加工プロセスの開発と最適化、加工精度の向上及び材質改善を目的として、力学的および材料学的立場から、実験だけでなく計算機シミュレーションにより研究するとともに、それらの基礎となる塑性力学・塑性加工学・弾塑性学に関する教育を行っている。現在の主な研究は、鍛造加工における材料の割れ及び材質予測に関する研究、メカニカルアロイング法により作製した高強度高速超塑性材料に関する研究、オーステナイト系ステンレス鋼の加工誘起変態に関する研究、有限要素解析の高精度化及び自動化に関する研究、せん断の解析的研究、圧延の表面疵に関する研究などである。



近畿

 

関西大学工学部材料工学科 凝固プロセス研究室

 先端技術材料の先駆的な役割を担ってきた鋳鉄材料を中心に、金属および合金の液体⇔固体の凝固機構の解明に取組んでいる。また、環境適応型凝固プロセス、超急冷凝固法(スプラットクーリング)、メカニカルアロイング法(MA法)とプラズマ焼結法(固化技術)さらには反応性プラズマ溶射法などの先端マテリアル技術を駆使して、素形材や複合材、アモルファスバルク材や機能材料の開発など、実用的な分野での研究も推し進めている。

関西大学工学部材料工学科 融体加工研究室

 鉄系および非鉄系材料を問わず、金属材料の鋳造特性や固液共存状態における加工に関する基礎的研究ならびに開発研究を進めている。近年、消失模型鋳造法(EPC)が注目されているが、産業廃棄物が少なく、環境に配慮したプロセスである。この鋳造プロセス技術を基礎的に研究すると同時に開発研究を試みている。さらに、溶融体の加工技術として溶射法を採り上げ、テルミット反応などで生成した化合物を分散させて複合層を形成させる「反応性溶射」について研究を進めている。また溶射における密着機構を基礎的に研究している。近年、国際的に鉛の人体への影響が問題となっている。ことに銅合金には量の多少はあるものの、鉛が含まれている。研究室ではこの点に重きをおき、鉛フリー銅合金の研究を基礎的に行っている。

京都大学大学院エネルギー科学研究科 石原研究室

 エネルギーの生産,貯蔵,分配,利用,廃棄についての工学的側面と社会学的な側面とを総合的に評価し,社会活動を支えるエネルギーの持続的な利用法を体系化していくための研究を行っています。具体的には,光触媒,アクティブディスアセンブリ材料,メカニカルアロイングによるナノ材料の創製などについて工学的な研究を行い,それらを利用した工業製品作製のためのエネルギー消費や材料の有するエネルギー,リサイクルされるエネルギー資源などについて社会学的な観点から評価を行っています。

京都大学大学院工学研究科機械工学専攻 島研究室

 近年の工業製品の小型化、高機能化に伴い、安価かつ高精度な材料加工技術が求められている。本研究室においては塑性加工や粉体成形の理論、解析および実験的なアプローチによりこれらの課題に取り組んでいる。ここ数年においては、特に粉末冶金法に重点を置き、Nd-Fe-B系磁石材料の微細粒子挙動を考慮した解析法の提案や、セラミックスや超硬合金をターゲットに半固形物質を利用したまったく新しい成形法を提案している。また、この他にも新しい加工成形技術の開発等に力を入れ研究・教育を行っている。

近畿大学理工学部機械工学科 精密機械研究室/メカトロニクス研究室

 現在、様々な分野でマイクロマシンの実現に期待が寄せられている。本研究室では、光造形法を用いてマイクロマシンの製作を試みている。マイクロマシンの製作に光造形法を用いる際、樹脂の硬化単位が構造物の精度に依存する。そこで樹脂液中に紫外光を集光し局所的に硬化させるタイプの光造形法(内部硬化式光造形法)を提案し、それを利用してマイクロアクチュエータの製作や、樹脂を鋳型としたマイクロ鋳造法の研究を進めている。研究室では、このほか協調作業ロボットなど、メカトロニクス関係の研究も平行して行っている。

近畿大学理工学部機械工学科(金属工学科)米田研究室

 材料の製造プロセスには、凝固現象を巧みに利用したものが多く見られる。最近の素形材技術の発達や、厳しい社会、経済情勢に伴い、鋳造品においても高強度・高機能化、高付加価値化が大きな課題になっている。本研究室では、鋳鉄・Al合金・Mg合金鋳造品の組織制御や材質評価、鋳造法によるセラミックス/金属基複合材料の開発と組織及び特性評価、さらには省エネルギー・省資源・リサイクル・環境などを考慮した溶解炉及び溶解技術の開発など、金属の溶解、鋳造凝固機構、鋳造技術を利用した素材作りをテーマに取り上げ、教育・研究を行っている。

神戸大学工学部機械工学科 冨田研究室

 科学技術の進歩に伴い、固体力学の扱う分野は連続体近似が可能なマクロなものから、材料の結晶あるいは分子構造が問題となるメゾスコピックなものまで幅広くなっている。本研究室では、金属材料をはじめとしてセラミクス、ポリマー、ゴム、機能性材料、さらには生体に至るまで多種多様な物質のマルチスケールの強度設計ならびに材料成形性の評価、生体の成長あるいは修復のメカニズムの解明など、新しい機能設計手法の確立を目指した教育・研究を行っている.

摂南大学工学部機械工学科  沖本研究室

  粉末成形に関する研究を行っている。研究対象の粉末は磁性粉と金属粉である。前者に関しては磁性粉の配向成形と複合磁性部品の創製を行っている。配向成形においては、MIMバインダ、UV樹脂、寒天バインダなどを用いて配向度を向上させ、また新配向成形プロセスの検討を行っている。複合磁性部品については1つの磁性部品内で材質や配向方向が異なるものを創製する。磁性粉を用いたナノテクノロジーへの展開も予定している。一方、金属粉関連では鉄系焼結金属の切削加工性に及ぼす含浸効果や芳香焼結金属の適正成形条件について検討している。

大阪工業大学工学部機械工学科 材料加工研究室(羽賀研究室)

 地球環境の視点より, 省工程・省エネものづくりやリサイクル材を使用したものづくりが望まれている。ロールキャスターは溶融状態の金属より直接に薄板が作製可能であるため省工程・省エネルギーのメリットを有している。設備に対する初期投資額も低く,また,ライフサイクルアセスメントの見地からも”優れたものづくりの方法”である。リサイクル材は新材と比較すると不純物が多く機械的性質などが劣る。しかし,ロールキャスターは冷却速度が高いため,結晶粒は微細化し,不純物も微細に分散するため機械的性質の低下を防ぐことができる。本研究室では,半凝固スラリーから薄板を作製して冷却速度や生産性を高める研究,複合材の作製が可能なロールキャスターの開発,マグネシウム合金薄板の作製などロールキャスターに関する研究を行っている。

大阪産業大学工学部情報システム工学科 丸谷研究室

 RPにおける新しい造型原理を探求して、放電灯を光源とする方法、光ファイバー配列による方法、反応性粉末を用いる方法などの研究を行った。現在はRPの難点である積層段差を生じない手法を開発中である。このほか、画像処理に関する研究を長く行っていて、レーザーやテレビカメラを用いた産業用画像処理、目視検査自動化などに実績がある。

大阪市立工業研究所プラスチック課 成形加工研究室

 熱可塑性樹脂の押出・射出・吹込を中心とした成形加工に関する研究を中心に行っている。 特に押出・射出成形条件と成形品の微細組織・物性の関連性の検討と最適条件の確立やウエルドラインなどの不良現象の解明、液晶ポリマ-等のアロイ化技術による環境調和型高性能材料の環

大阪大学大学院基礎工学研究科システム人間系専攻機械科学分野 小坂田研究室

 生産の高度化をめざし、コンピュータを活用した加工方法、生産加工支援技術について、総合的に研究を行っている。研究内容として、剛塑性有限要素法の開発と加工への応用、多軸駆動プレスによる精密鍛造技術の開発、金属モデルのラピッドプロトタイピング(金属粉末にレーザ光を走査して三次元モデルを直接造形する)、レーザ加工(板材や官材にレーザ光照射して熱応力で精密に変形させる)、無潤滑塑性加工法の開発(潤滑剤を微量または全く使用しないで加工する)、新材料の加工法(Mg合金、TiAl合金など難加工材を塑性加工する)、鋼管の増肉加工(鋼管を局所的に加熱、圧縮して管の厚さを部分的に増加させる)などがある。

大阪大学大学院工学研究科 知能・機能創成工学専攻  大中研究室

 凝固・結晶成長プロセスなどの材料プロセスを基礎に、機能材料の創成、製造プロセスの開発、デバイス化に関する研究を行っている。凝固プロセスに関する研究では、Al2O3-Y2O3系共晶セラミックスの凝固現象や、強磁場を利用した結晶方位・組織制御に関する研究などを行っている。凝固現象のコンピュータシミュレーションとして、凝固、湯流れやポロシティ欠陥、マクロ偏析等の欠陥予測プログラムの開発を行っている。さらに、機能材料に関しては、多孔質素子を用いた熱電システムに関する研究開発を行っている。

大阪大学大学院工学研究科応用物理学専攻 河田研究室

 本研究室では、非線形光学や近接場光学を駆使し、光の波長以下の分解能でナノ構造物の観察、分析、加工、造形、制御を可能とするナノフォトニクス技術の開発を行っている。多光子吸収光重合を応用し50nmの加工分解能で3次元の立体構造を作製する光微細加工技術をはじめ、3次元フォトニック結晶の開発と輻射場制御、次世代超高密度3次元光メモリー、生体組織のナノサージェリーや光細胞刺激などのバイオフォトニクス技術、近接場顕微分光による単分子観察・制御、フォトクロミック反応による分子の光制御、等の研究を行っている。

大阪府立産業技術総合研究所 生産技術部 特殊加工グル-プ、電気加工・レーザ加工チ-ム

 特殊加工グループでは、通常の機械加工では困難な加工分野を対象とし、放電加工や電解加工、レーザ加工を用いて、より速く、より安く、そして、より高品質に加工するための「モノづくり技術」についての研究を行っている。 プレス加工やプラスチック成形などの金型加工では、加工能率や品質面での技術課題に対する改善法をはじめ、チタンなどの新素材に対する表面改質加工法についても研究している。 また、試作部品や小ロット生産用金型を対象としたワイヤーフレームやメッシュ電極による高速放電加工にも取り組んでいる。

大阪府立大学大学院工学研究科材料工学分野 東研究室

 構造材料として優れた性質を有する材料およびその加工プロセスを、電子状態(エレクトロンレベル)、粒界構造(アトミックレベル)、第二相粒子(ミクロレベル)、結晶粒(メゾレベル)、集合組織(マクロレベル)などのマルチスケールで検討し、基礎的な変形、破壊の機構 から実用的なニアネットシェープ成形プロセスまで幅広い研究を行っている。

姫路工業大学 高度産業科学技術研究所

 ナノテクノロジー研究室では、ナノ加工として、電子ビーム描画、集束イオンビーム加工、走査トンネル顕微鏡による原子操作、ナノインプリント技術の研究開発を行っています。特に、集束イオンビームを用いた立体ナノ構造形成技術は当研究室のオリジナル技術(セイコーインスツルメンツ(株)およびNECとの共同研究開発)です。ナノメートルのビーム径をもつ集束イオンビームを原料中で、コンピュータ制御により立体走査することにより、10nmレベルの任意の立体構造体作製が可能です。


中国四国

 

近畿大学工学部機械工学科・材料システム研究室

 材料工学の分野では、機能材料の開発とその評価技術の開発が重要な課題となっている。本研究室では、工業材料の破壊靭性測定法の開発、機能材料を中心とした材料の粉末冶金法による成形技術の開発とその材料特性評価法の開発など新たな材料加工法の開発と材料特性の評価法の確立を目指した教育・研究を行っている。


九州沖縄


(独)産業技術総合研究所 基礎素材研究部門 金属系複合材料研

  非平衡粉末冶金研究室では,組織の微細化,合金元素の過飽和固溶体化等の組織制御を粉末冶金法によって行い,軽量・強度・靭性・耐熱耐摩耗性等の構造的特性および超塑性・耐食耐酸化性等の機能的特性の高度化を図るとともに,複合機能化・多機能化が付与された高付加価値先進金属材料の創製と評価に関する研究を行っている。

九州工業大学情報工学部機械システム工学科 鈴木・楢原研究

 本研究室では、高付加価値を有する工業製品の具現化を研究目標とし、この設計・製造各段階での効率的かつ効果的な情報の生成方法と、実験による検証を中心に研究を実施し、より高度な設計および製造技術の開発を模索している。1。高成形性および高生産性を実現する金型設計技術の開発2。積層造形技術を核とした設計および製造技術の開発3。多軸MCを用いた加工技術の開発および加工情報の高度化。

九州大学大学院工学研究院材料工学部門 高木研究室

 鉄鋼材料は、現在使用されている構造用金属材料の90%近くを占め、環境保全の観点から、リサイクルを前提とした材料開発が望まれている。本研究室では、金属材料のリサイクルを行う際に障害となる合金元素を逆に有効利用する方法や合金元素を添加せずに材料を強化できる結晶粒微細化強化に関する研究を行い鉄鋼材料の高強度化および長寿命化を図ることを目的としている。

鹿児島大学歯学部ならびに附属病院

 歯科医学における素材、型の重要性はいうまでもない。人工臓器とも言えるインプラントを初めとする各種の生体素材とその応用、また生体の最初の転写造型とも言える印象法からSPIRAL-CTデータからの光造型による実物大模型まで、歯科矯正における歯の移動のための各種素材と装置の工夫、鹿児島大学歯学部、附属病院では幅広い研究がなされている。ここでは、特にSPIRAL-CTデータと光造型技術を応用した歯科医療、生体素材ハイドロオキシアパタイトの2点について研究、臨床をおこなっている講座の概要を発表する。(文責 歯科放射線学講座 森田康彦 )



掲載研究室一覧は、こちらから




トップページTOPICS & NEWSセミナー・研修講座月刊誌素形材・Web素形材刊行物・報告書・ビデオ
素形材表彰What is 素形材?素形材センターについて素形材関連機関の動き
Copyright(c)2001-2014 一般財団法人 素形材センター.
All rights reserved.